陽のあたる裏路地

観た映画や、読んだ本について書くブログ。ぬるっと始めたので詳細はまだ不明。

『誇り高き挑戦』 深作欣二

誇り高き挑戦 [DVD] 出版社/メーカー: 東映ビデオ 発売日: 2003/05/21 メディア: DVD この商品を含むブログ (4件) を見る 火山をバックにしたニュー東映のロゴが出て、すぐさまファンクの力強いシャウトに機動隊とデモ隊の白黒写真が画面いっぱいに広がる。…

チャットモンチーの思い出

誕生(初回生産限定盤) アーティスト: チャットモンチー 出版社/メーカー: KRE 発売日: 2018/06/27 メディア: CD この商品を含むブログ (1件) を見る チャットモンチーを初めて見たのはテレビのミュージックステーションだった。曲は『とび魚のバタフライ』で…

『黒の試走車(テストカー)』 増村保造

黒の試走車 [DVD] 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店 発売日: 2016/01/29 メディア: DVD この商品を含むブログを見る スポーツカーを巡る産業スパイたちの攻防を描いた、大映の『黒シリーズ』の第一作目である。 タイガー社に勤める産業スパイたち、リー…

『リズと青い鳥』山田尚子

リズと青い鳥 公式設定資料集 出版社/メーカー: 京都アニメーション メディア: この商品を含むブログを見る 「響け!ユーフォニアム」のテレビ版も映画版も未見である。吹奏楽部や京都アニメーションにもそれほど興味はないが、友人にこの映画を勧められて鑑…

一つの写真、一人の男 『キャパの十字架』沢木耕太郎

キャパの十字架 (文春文庫) 作者: 沢木耕太郎 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2015/12/04 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (7件) を見る ロバート・キャパ。スペイン内戦を始め五つの戦場を駆け回り、最後は地雷によってこの世を去った伝説の戦場カ…

『スーパーカブ』 トネ・コーケン

スーパーカブ (角川スニーカー文庫) 作者: トネ・コーケン,博 出版社/メーカー: KADOKAWA 発売日: 2017/05/01 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (7件) を見る 自分はバイクに乗ったこともないし、カブに触ったことさえない。これから乗ることもないだろ…

今日ですべてが報われる『15時17分、パリ行き』 クリント・イーストウッド

【映画パンフレット】 15時17分、パリ行き 出版社/メーカー: ワーナー メディア: この商品を含むブログ (1件) を見る 鑑賞前に、自分がこの映画に期待していたのは「テロリストに対峙した三人は、いかにしてテロを阻止したか」という点である。武装したテロ…

今の流行りは寿司ですよ 『希望のかなた』アキ・カウリスマキ

アキ・カウリスマキの最新作であり、前作『ル・アーブルの靴磨き』から続く「難民三部作」(元は「港町三部作」と呼ばれていたが、いきなり変更された)の二作目である。 今作でもカウリスマキのトレードマーク(犬、音楽で心情を表現する演出、シンプルなカ…

橋ものがたり/藤沢周平

橋ものがたり (新潮文庫) 作者: 藤沢周平 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 1983/04 メディア: 文庫 購入: 3人 クリック: 81回 この商品を含むブログ (33件) を見る 江戸の橋を舞台に、男女の出会いと別れを描いた短編集であり、藤沢周平が市井小説に本格的…

ブログ名変更のおしらせ

ブログ名を新しくしました。 前の「日曜日には鼠を殺せ」というのは、このブログを開設した時、ブログの名前に悩んでなんとなく同名の映画から取ってつけた名前です。 しかし、これだと検索しても映画のDVDとか同名のブログとかが出るばかりで、変えたいと前…

ふとももとおっぱい『安達としまむら』(2)/入間人間

安達としまむら (2) (電撃文庫) 作者: 入間人間,のん 出版社/メーカー: アスキー・メディアワークス 発売日: 2013/09/10 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (8件) を見る この巻から安達はしまむらへの感情が家族愛よりも恋愛感情に近いことを意識し始め…

寒い国から帰ってきたスパイ /ジョン・ル・カレ

寒い国から帰ってきたスパイ 作者: ジョンルカレ,宇野利泰 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 2013/01/25 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 東西に分裂したドイツ、そこで活動していたイギリスのスパイたちが全員処刑された。全ては東ドイツ…

『バーボン・ストリート』 沢木耕太郎

バーボン・ストリート (新潮文庫) 作者: 沢木耕太郎 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 1989/05/29 メディア: 文庫 購入: 2人 クリック: 23回 この商品を含むブログ (35件) を見る 『バーボン・ストリート』は沢木耕太郎のエッセイ集である。これまでの『路上…

暗く、神秘的な場所へ 『きつねのはなし』(森見登美彦)

きつねのはなし (新潮文庫) 作者: 森見登美彦 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2009/06/27 メディア: 文庫 購入: 32人 クリック: 311回 この商品を含むブログ (173件) を見る 森見登美彦は最新作の『夜行』で示した通り、青春小説だけではなくホラーの名手…

『ファット・シティ』(1972 ジョン・ヒューストン)

Fat City [Blu-ray] 出版社/メーカー: Twilight Time メディア: Blu-ray この商品を含むブログを見る 本作はアメリカン・ニューシネマの時代にジョン・ヒューストンが放ったボクシング映画。『ファット・シティ』はとびきりの成功を意味するジャズミュージシ…

幽霊は昼歩く『降霊』 (1999  黒沢清)

降霊(KOUREI) [レンタル落ち] [DVD] メディア: DVD この商品を含むブログを見る 郊外にある一軒家、そこにテレビの効果音技師、役所広司とその妻、風吹ジュンが暮らしていた。 外から見れば何の変哲もない夫婦だが、他の家庭とは大きく違う点が一つだけあっ…

グラス一杯の幸せに 『ジーサンズ はじめての強盗』 ザック・ブラフ

ジーサンズ はじめての強盗 アーティスト: ロブ・シモンセン 出版社/メーカー: Rambling RECORDS 発売日: 2017/06/21 メディア: CD この商品を含むブログ (1件) を見る 本作の最大の弱点、それは邦題のダサさである。『Going in Style』がなぜジーサンズにな…

なんだばしゃぁぁぁぁ『安達としまむら』(入間人間)

安達としまむら (電撃文庫) 作者: 入間人間 出版社/メーカー: KADOKAWA / アスキー・メディアワークス 発売日: 2014/08/16 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 『安達としまむら』は入間人間が「『ゆ○○○』みたいなの書いて」という編集のあんま…

前を向いて、美しく調和のある人生を 『夜は短し歩けよ乙女』(湯浅政明/2017)

夜は短し歩けよ乙女 オフィシャルガイド 作者: 角川書店 出版社/メーカー: KADOKAWA 発売日: 2017/04/08 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (1件) を見る 『夜は短し歩けよ乙女』は山本周五郎賞を受賞し、発表から何年も経った今でも数多くのファンから…

笑ってはいけない超特急 『バルカン超特急』(アルフレッド・ヒッチコック/1938)

バルカン超特急 [DVD] FRT-035 出版社/メーカー: ファーストトレーディング 発売日: 2006/12/14 メディア: DVD 購入: 3人 クリック: 23回 この商品を含むブログ (30件) を見る アルフレッド・ヒッチコック、いわずとしれたサスペンス映画の帝王。今なお幾多…

二大スターの奇妙な対決 『太平洋の地獄』(1968 ジョン・ブアマン)

太平洋の地獄 [DVD] 出版社/メーカー: JVCエンタテインメント 発売日: 2001/05/23 メディア: DVD 購入: 1人 クリック: 1回 この商品を含むブログ (2件) を見る ジョン・ブアマンの『太平洋の地獄』を観た。あの有名なラストシーンについては知っていたので身…

安達としまむら(7) 入間人間

安達としまむら7<安達としまむら> (電撃文庫) 作者: 入間人間 出版社/メーカー: KADOKAWA / アスキー・メディアワークス 発売日: 2017/01/08 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 『いもーとらいふ』を読んだときにも思ったが、入間人間は働くこ…

『マリアンヌ』

ロバート・ゼメキスの『マリアンヌ』は「映画を見た」という余韻にたっぷりと浸らせてくれる良作だった。

『ブルベイカー』と吹き替え

先日、テレビで『ブルベイカー』というロバート・レッドフォードの古い映画をやっていた。途中から見たが、なかなかおもしろかった。

祝日のピンク

12月23日の朝、起きた瞬間に京都へ行こう、それでピンク映画を観ようと思い立った。とにかく今年のうちにピンクを一本観ておこう、そうしなければならない。前触れも脈絡もない強い思いに突き動かされ、阪急電車に飛び乗った。 しかし電車に揺られている間に…

「闇の歯車」(藤沢周平)を読み、深い虚無の世界に浸る

藤沢周平の小説を初めて読んだのは中学生のときで、本は「隠し剣秋風抄」だったと思う。 新装版 闇の歯車 (講談社文庫) 作者: 藤沢周平 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2005/01/14 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (7件) を見る

宮本武蔵(1973 加藤泰)

加藤泰の『宮本武蔵』を観た。過去に東映の『宮本武蔵』五部作は観たことがあったが、あれに比べるといかにも加藤泰、というような映画だった。 あの頃映画松竹DVDコレクション 宮本武蔵 第一部 関ヶ原より一乗寺下り松/第二部 柳生の里より巌流島[DVD] 出版…